フェラーリ488GTBのブログ

フェラーリ・マセラティについて僕が知ってる範囲で、お伝えします。写真や動画もドシドシ掲載予定です。

マセラティ・フェラーリの寒い時期のハンドル操作時の、ガタガタ音・カタカタ音


今日は、マセラティやフェラーリのハンドル操作時に出る音について。。
寒い季節や、朝一タイヤがあったまっていない時にハンドルを面舵一杯切って車庫出し入れ中とかに出る、、音、、カタカタ、カンカン、キンキン、ガタガタの解消法!


マセラティやフェラーリは、前輪が人間の足裏でいうと、(べた足)で道路にタイヤのほとんどが接地してます。なので前に進もうとする力でタイヤが曲がっているにもかかわらず前進する力に負けてガタガタ音みたいなハンドルがガクガクします。


日本車やそのほかのメーカーの車は、ハンドルを切った時に極端に言えば、例えば右に切った場合タイヤの右側部分を主に使いタイヤの左側が浮くようなイメージ、つまり(べた足で)曲がろうとしないため、音が出ません。


マセラティやフェラーリのディーらでは教えてもらえませんが、、、
またオススメでもないですが、解消法は意外と簡単です。
ヒントは、タイヤです。。。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。